開催一覧に戻る

セミナー概要

日時:
2014年07月16日(水) 14:00~17:15  受付開始時間:13:30
会場:
TKP仙台カンファレンスセンター カンファレンスルーム4A(当初のTKPガーデンシティ仙台より会場変
住所:
仙台市青葉区花京院1-2-3 ソララガーデン・オフィス4F 会場MAP
主催:
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社/ヴイエムウェア株式会社
定員:
30
テーマ:
  • サーバ仮想化
  • デスクトップ仮想化
  • 公共/教育機関向け
  • パブリッククラウド
概要:
【ご注意】会場が上記に変更になりました。

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は仮想化技術黎明期より、VMware社と共に数多くのエンタープライズ向けシステムの統合や、プライベートクラウドの設計・構築・運用を手掛けてまいりました。この度、サーバ仮想化の最新動向とその導入メリットをこれまでの事例を交え、わかりやすくご説明します。
また、CTCのこれまでの仮想化、クラウドに対する取り組みを基に、仮想化統合基盤の作り方から導入後の運営、そして現在の利用型へのトレンドなど、今すぐに役立つお話しをさせていただきます。

プログラム:
開始 終了 内容
14:00 14:05

ご挨拶

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

14:05 14:15

『VMwareが考えるIT価値を高めるビジョン』
ITを取り巻く環境は劇的に変化し、モバイル/クラウド時代へと移行しつつあります。モバイル/クラウド時代では、モバイルアプリケーション・ビッグデータなど新たなテクノロジーが勃興し、現場部門からIT部門への要求は増加の一途をたどっております。IT部門は現場部門からの要求に応えることができる柔軟なインフラストラクチャを必要としており、これを実現するVMwareのビジョンをご紹介いたします。

ヴイエムウェア株式会社

14:15 15:25

『サーバ仮想化で実現するITの未来とその事例』
VMwareはサーバ仮想化技術を提供する事により、お客様のインフラ環境の最適化をご支援してまいりました。本セッションでは、サーバ仮想化の価値を再確認するとともに、サーバ仮想化によるプライベートクラウドへ移行する理由とクリアするべきポイントについてご紹介いたします。さらに、CTCで展開しているプライベートクラウド基盤構築ソリューション「VM Pool」の事例を通じて、サーバ仮想化、プライベートクラウド基盤構築のポイント等についてお話しします。

ヴイエムウェア株式会社/伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

15:25 15:35

休憩(コーヒーブレイク)

15:35 16:25

『デスクトップ仮想化で解決できる課題とは』
デスクトップ仮想化は、端末運用管理への対応にとどまらずワークスタイルの変革やセキュリティ向上、BCPの構築といった様々なメリットが受けられます。これらのメリットを実際の事例を元に具体的に解説いたします。また、今まさに突入したモバイル時代に向けた新しいワークスタイルを構築するための最新ソリューションもご紹介します。

ヴイエムウェア株式会社

16:25 17:05

『CTCが考えるITインフラの変遷 ~所有から利用へ~』
仮想化技術が成熟し、各企業の仮想化統合、プライベートクラウド化も加速しています。本セッションでは、仮想化統合基盤の作り方から、導入後の運営、そして現在の利用型への流れをCTCの経験、実績を踏まえご説明いたします。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

17:05 17:15

質疑応答、アンケート

※講演内容・講演者は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

本セミナーに関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 プロダクトビジネス企画推進部
E-mail:mrc-info@ctc-g.co.jp
TEL:03-6203-4343


セミナーは終了いたしました。

セミナーは終了いたしました。
開催一覧に戻る