開催一覧に戻る

セミナー概要

日時:
2014年07月04日(金) 14:00~17:00  受付開始時間:13:30
会場:
ベルサ-ル八重洲
住所:
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-3-7八重洲ファーストフィナンシャルビル2・3F  会場MAP
主催:
日商エレクトロニクス株式会社/ヴイエムウェア株式会社
協賛:
双日システムズ株式会社
定員:
30
テーマ:
  • サーバ仮想化
  • デスクトップ仮想化
  • 公共/教育機関向け
  • パブリッククラウド
概要:
デスクトップ仮想化の導入が進み、皆様も情報収集や導入をご検討されているのではないでしょうか。 デスクトップ仮想化導入を成功させるためには、導入する目的、設計構築時のトラブルや課題、導入後の効果やメリットなどのポイントを事前に理解しておくことが重要です。

本セミナーでは、デスクトップ仮想化のトレンドを整理し、弊社IT企画担当者が4年前にデスクトップ仮想化を自社導入した経緯、管理者/ユーザー視点からの現在の効果・課題をご紹介した上で、その課題をどのように実現するかを、今注目の次世代仮想化基盤「Nutanix Computing Platform」の活用事例・デモを交えながらご説明いたします。また、vExpertが初期導入コストを下げるサーバVDIソリューションの勘所をご紹介します。

ご多忙とは存じますが、皆さまのご参加をお待ちしております。
プログラム:
開始 終了 内容
14:00 14:10

ご挨拶

14:10 14:50

『Horizon 6が実現するエンドユーザコンピューティングの最適解 -VMwareが考える次世代クライアントの未来と効果-』

セキュリティ対策や業務効率化のために既に多くの企業で採用が始まっているデスクトップ仮想化。しかし、部分的に導入しただけで本当に満足ですか?VMwareは様々なエンドユーザコンピューティング製品を有し、部分最適ではなく企業全体のPCを次世代環境に移行する為の橋渡しをさせて頂いています。既存の延長ではなく、数年後の企業に必要なクライアント環境とは?そのメリットと効果を、先行して導入された事例を交えてご紹介します。

ヴイエムウェア株式会社
藤野哲

14:50 15:20

『社内IT企画担当者が語る、デスクトップ仮想化導入の現在の効果と今後の課題』

経営戦略や事業戦略に沿ったIT戦略の企画立案を行い、社内ITインフラの改革を推進した担当者より、デスクトップ仮想化を全社導入してから4年経過した現在の効果および課題についてご紹介いたします。

日商エレクトロニクス株式会社
西村友良

15:20 15:30

休憩

15:30 16:10

『デスクトップ仮想化の課題を解決するGoogle型インフラ「VMware Horizon on Nutanix」』

デスクトップ仮想化の課題である「IOパフォーマンス」、「スモール環境からのスケール」、「運用コストの増大」を解決する次世代仮想化基盤「Nutanix Virtual Computing Platform」を活用したデスクトップ仮想化ソリューションをご紹介。SAN/NASを使わないNutanixの先進アーキテクチャーと活用事例をデモを交えながらご説明いたします。

日商エレクトロニクス株式会社
近藤智基

16:10 16:40

『デスクトップ仮想化を諦めない。vExpertが語る、コストで差がつくServer-VDIという選択肢』

Horizon 6より、VMware Horizon ViewはサーバOSのサポートを開始しました。価格が高くてデスクトップ仮想化を断念した方、これから検討される方、Windows 2003 Serverのリプレイスを控えている方、ワークスタイルの変革をもたらすデスクトップ仮想化の実現方法を、メリットや導入効果とともにデモンストレーションを交えてvExpertがご紹介します。

双日システムズ株式会社
川本政文

16:40 17:00

まとめ、質疑応答

※講演内容・講演者は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

本セミナーに関するお問い合わせ先

日商エレクトロニクス株式会社 イベント事務局
E-mail:ne-promo@nissho-ele.co.jp
TEL:03-6804-2769


セミナーは終了いたしました。

セミナーは終了いたしました。
開催一覧に戻る